男性

自分でやるのは難しい

無理しようとしないこと

弁護士

相続問題は誰もが経験する身近な問題ではありますが、人生で何度も経験することがないだけに「難しすぎてよくわからない」と言う人が大半でしょう。そのため自分たちだけで解決しようと思うと思わぬトラブルを招く可能性もあります。そのため弁護士など専門家の力を借りるのも一つの手です。 弁護士とは争いを解決するのが仕事ですから、争いが起こっていなくても揉めそうな点を予測しながら対策をすることが出来ますし、もし不幸にして争いが起こってしまったら、それこそ心強い存在になるでしょう。また相続税や登記などを専門とする税理士や司法書士とも連携している所が多いので、いちいち専門家を探しなおす手間も省けます。 自分たちだけで無理をしないことが円満に相続を終わらせる要件なのかもしれません。

借金しかないなら放棄も

相続財産とは不動産や金融資産などプラスの資産だけではありません。借金や保証債務などマイナスの資産も存在します。ではマイナスの資産の方が多い場合はそれも相続しなければならないのでしょうか。 実はそんなことはありません。どうしてもマイナスの資産が多い場合は相続放棄ができます。ただしデメリットもあり、後からプラスの財産が出てきたときは、一切相続できなくなります。このように失敗したときのリスクがとても大きいので、弁護士に相談しても良いですね。 はじめからマイナスの財産の存在が判明していれば良い方で、後から親が保証人になっていたことが発覚するなどのケースも多くあります。相続放棄の手続き期限は3か月ですが、それを過ぎていても放棄が認められることもあるので、こんな場合は出来るだけ早く弁護士に相談しましょう。

税金の対策

税理士

税金を扱う場合には専門的な知識が必要になるため、申告などは特に慎重に行なう必要が出てきます。専門の税理士に相談すればより有利な選択も可能です。現在では税理士を探せる検索サイトがあり、千葉などの地域を限定してプロが見つけられます。

詳細を確認する...

遺産分割でもめないために

家族

相続で家族がもめないためには遺言状を用意しておくことが大切です。大阪で相談を受け付けている専門家に依頼すると法的に有効な遺言状が書けるので、家族に無用な争いを起こさせずにすみます。またすでにもめている場合でも専門家に相談すると早く解決できます。

詳細を確認する...

身近な法律専門家

法律

行政書士は身近な法律に関する専門家であり、その主な業務内容は、各種書類の作成や代行手続きおよび相談業務です。しかし、その範囲は多岐に渡り、また、都道府県によって審査基準や手続き方法が異なることもありますので、東京都で何かを行なう場合は、東京都を拠点とする行政書士に依頼することが適切です。

詳細を確認する...