女性

遺産分割でもめないために

遺産を分けるのは難しい

家族

相続時に遺産の分け方で家族間でもめることは多く、大阪の家庭裁判所に調停が持ち込まれる数は年々増加しています。特に多いのが遺産の中に不動産がある場合で、公平に分けるのが難しいために遺産分割に時間がかかります。大阪は他の地域に比べて土地代が高いところもあり、それももめる原因の1つとなっています。遺産分割の決着がつかないと残された遺産を使うことはできず、相続税を支払わなくてはいけない場合にも遺産から支払うのではなく自分たちが所有している財産から支払う必要が出てきます。相続税の支払いは相続が発生した翌日から10ヶ月以内に行わなくてはいけないので、できればそれまでに円満に解決するのが望ましいといえます。遺産分割で家族がもめないようにあらかじめ相続について考え準備しておく必要があります。

遺言書を用意すると良い

遺産分割で家族がもめるのを避けるために効果があるのが遺言書です。誰に何を相続させるか財産を残す本人が書き残しておくと、残された家族も故人の意志を尊重するためもめることがなく財産をわけられます。遺言書を書く時には法律で定められた書式を守って書かないと正式な遺言書として認められません。大切なものなので、専門家に相談して書くのも良い方法です。弁護士や司法書士などに依頼すると、法的に認められるものを書くことができるだけではなく、遺言書の保存や内容を執行する執行人を依頼することもできます。大阪でもそういった相続に詳しい専門家が多数おり、相談にのってもらえます。また遺言書がなく相続でもめている場合でも、そういった大阪の専門家に相談した方が早く解決できます。