インプラント治療がどういったものかを調べてみよう

本物の歯と同じような感覚を味わうことができるインプラント

インプラントとはどういった治療方法なのか

義歯には様々な種類があります。その中でも、インプラント治療と呼ばれる義歯作成方法は、他の歯への負担を軽減させ、本来ある歯と同じような感覚で使うことができる義歯になります。また、人工歯根を作り出すことで安定し、ズレたりする心配もありません。

インプラントにするメリットを比較

金属などのアレルギーを気にしない

インプラントはチタン製の素材で作られます。そのため、金属アレルギーを持っているために、部分的な義歯が作れなかった人でも安心して利用することができます。また、チタン以外にもジルコニアと呼ばれる物質で作られたインプラントもあります。

本物の歯と同じ噛合せを実感できる

部分的な義歯や入れ歯のような顎に合わせて作られる義歯は、使用しているとズレや違和感がありました。しかし、インプラントは失った歯があった場所にピンポイントで埋め込むため、安定感をそのままに使い続けられます。

インプラント治療がどういったものかを調べてみよう

口元

インプラントは外科手術を受ける

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台に義歯を装着する方法になります。そのため、歯科医療でありながら、外科手術を受ける必要があります。また、レントゲンなどを細かく撮らなくてはならないため、手術までの時間がかかってしまうこともあります。最近は多くの歯科がインプラント治療に対応できるように、歯科医院でもレントゲン装置を完備していたり、手術室を設けていることが増えてきました。

院内

メンテナンスを行うことで生涯使い続けられる

インプラントの寿命などを気にする人は多くいます。確かに通常の義歯になると、年齢などの関係で歯の形が変わってしまったりと様々な変化が見られるため、作り直さなくてはいけない場合もあります。しかし、インプラントは人工歯根を埋めた場所のみを利用するため、その上にはめられている義歯をきちんとメンテナンスすることで本来の歯の影響を受けること無く使い続けることができます。

インプラント

インプラント治療は医療保険対象外

メリットが大きいインプラント治療ですが、デメリットもあります。その1つが医療保険が適用外となることです。インプラント治療は、自由診療となっており、全額自己負担で治療を受ける必要があります。そのため、インプラント1本を埋め込むにも、「人工義歯作成」、「検査」、「手術」などの様々な費用がかかります。

失わないためにも歯を大切にしよう

日常生活で当たり前に使っている歯ですが、一度失ってしまうと二度と生えてこないとされています。そのため、失った歯の代わりに人工歯を作成する人は多くいますが、ピッタリとフィットする義歯を作るのはなかなか大変です。また、多くの費用がかかってしまいます。既存する歯を大切に使うことで、そういった心配もなくなります。

広告募集中